奇跡のフルーツ!アサイーの美容効果と成分

奇跡のフルーツ!アサイーの美容効果と成分

奇跡のフルーツと呼ばれているアサイーは、美容や健康に良い成分が豊富に含まれていることから、美容と健康に関心の高い女性の間で大変話題になっている食べ物です。
では、実際にどのような効果が期待できるのでしょうか。
ここでは、アサイーの美容効果と成分についてまとめてみました。

アサイーってどんなもの?

アサイーの和名は「ワカバキャベツヤシ」であり、ブラジル原産のヤシ科の植物です。
アサイーベリーと呼ばれることもありますが、ブルーベリーやいちごなどのベリーの仲間ではありません。
アサイーは1粒が直径1cmほどの小さな実です。堅い種の部分がほとんどで、食用に使用できるのは果実の約5%ですから、大変希少なフルーツといえます。

アサイーの成分と効能

アサイーは、赤道直下の強い紫外線と激しい雨が降る、過酷な環境で育ちます。そのため、生命力が強く、美容や健康に良い成分がとても豊富に含まれています。

まず、アサイーの成分で驚くのはそのポリフェノールの量です。アサイーに含まれる主要なポリフェノール成分である「アントシアニン」は、ワインの約30倍、チョコレートの約5倍含まれていることがわかっています。

ポリフェノールは、抗酸化作用が強く、シミ・しわ・たるみなどの細胞の老化を防ぎ、血流を良くし、眼精疲労を回復するなど、アンチエイジングには欠かせない成分といえます。
また、鉄分はプルーンの約10倍、レバーの約5倍の量が含まれており、貧血の予防と改善に役立ちます。
鉄分が不足することで、慢性疲労や食欲不振、便秘や免疫力の低下など、さまざまな不調が引き起こされます。
女性は生理で定期的に鉄分が失われてしまうため、日ごろから積極的に摂っておきたい成分です。

その他、アサイーに含まれる食物繊維はごぼうの約3本分、カルシウム量は牛乳の約2倍ですから、便秘に悩む女性の腸内環境改善に役立ち、骨粗しょう症の予防効果も期待できるでしょう。
さらに、ホルモンの乱れを改善し血液をさらさらにする効果のある必須脂肪酸や、美白効果のあるビタミンC、肌の健康を保つビタミンB群も多く含まれます。

このように、アサイーはその栄養成分の豊富さから、昔から「スーパーフルーツ」、「ブラジルの奇跡」などと呼ばれ、人々の美容と健康を支えてきました。

アサイー効果をアップするための食べ方

日本で生のアサイー果実を手に入れることはほとんどできません。アサイーは酸化しやすく品質の劣化が早いため、収穫後すぐに加工する必要があります。
現在はパウダータイプや冷凍ピューレ、ジュースやサプリメントなど、さまざまなタイプが販売されています。自分の好みや食生活に合ったタイプのものを選び、毎日続けてアサイー効果アップにつなげましょう。

アサイー自体には味がほとんどないため、パウダータイプであれば、ヨーグルトや他のフルーツジュースと混ぜることで、栄養バランス良く美味しく食べられます。

冷凍ピューレは、豆乳や牛乳、好みのフルーツと一緒にミキサーにかけ、シリアルやフルーツをのせて食べる「アサイーボウル」という食べ方が人気です。
また、好みのスムージーのレシピにアサイーを加えて飲むのも、手軽でおすすめです。 アサイー効果アップのための摂取量の目安ですが、美容や健康維持のためであれば、1日にジュースなどドリンクタイプでコップ1杯(200ml)、パウダータイプで1〜3g摂取すると良いでしょう。

サプリメントは、安心できるメーカーのものを選び、記載されている1日の摂取量を必ず守りましょう。

アサイーの食べ方で注意すること

アサイーは日本では加工品で摂取することがほとんどです。アサイー含有量が高濃度の、品質の良いものを選びましょう。

アサイー摂取による重篤な副作用は報告されていませんが、食物繊維が豊富であるため、アサイーの摂りすぎによる下痢には注意が必要です。
また、日本で食べられるようになったのはここ数年であるため、安全性を確認できる十分なデータがまだありません。
安全のため、妊娠中や授乳中の摂取は控えましょう。

おわりに

栄養成分豊富なアサイーの美容効果を最大限引き出すためには、やはり毎日続けて摂取することが大切です。
季節やその日の身体のコンディションに合わせて、アサイーを食生活に上手に取り入れ、健康的で若々しい毎日を過ごしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする