便秘だけじゃない!下痢にも効く乳酸菌の効果

便秘だけじゃない!下痢にも効く乳酸菌の効果

若い女性を中心に下痢や便秘など、お通じに関する悩みを持っている人は少なくありません。
乳酸菌が腸の調子を整えるのに効果があるという事は広く知られています。しかし具体的にどういった方法で乳酸菌を摂取すればいいのかよく分からないという人も多いでしょう。
そこでここでは、乳酸菌と腸の関係について解説していきます。

乳酸菌は栄養を吸収してくれる細菌

人間の腸の中にはさまざまな細菌が寄生しています。それらの細菌の中には健康に悪影響を与える悪玉菌もあれば、好影響を与える善玉菌もあります。乳酸菌はその善玉菌の一種です。
さらに乳酸菌はいくつかの種類に分かれ、ビフィズス菌などが有名です。ヨーグルトなどのパッケージにはビフィズス菌を多く含むという旨の記載がなされています。
他にラクトバチルス菌やアシドフィルス菌なども乳酸菌の一種です。 こういった乳酸菌は栄養の吸収を促進し、免疫を作るといった働きがあります。
つまり乳酸菌が不足すると栄養の吸収が不十分になり、免疫が作られにくくなってしまうというわけです。そうなると体調も優れません。
そのため身体の健康を維持するには乳酸菌が不足しないようにする必要があります。

乳酸菌不足が便秘や下痢を引き起こす

腸には栄養分を吸収する働きがあります。乳酸菌が不足すると腸の働きが鈍ってきて、栄養分の吸収が十分になされなくなります。そうなると便が緩くなり下痢になってしまいます。

つまり下痢になっている時は吸収されるべき栄養分がきちんと吸収されていない状態であるわけです。また、腸の働きが鈍くなると便の臭いも強くなりがちです。便が異常に臭い場合は乳酸菌不足だというサインです。

さらに便秘に関しても乳酸菌不足が原因である事が多い傾向にあります。
便秘は主に腸の力が弱まり体外に排出できない状態の時に起こります。腸の調子を整えてきちんと腸が機能するようにすると便秘は治ります。
下痢と便秘は真逆の症状だと捉えられがちですが、両者とも乳酸菌不足が原因であるという事が言えます。どちらの場合でも長く続くと健康を維持するのが困難になるため、改善を図る事が大切です。

効果的に乳酸菌を摂取できる食材とは

乳酸菌は赤ちゃんのうちは体内に非常に多くあり、年齢を重ねるとともに減っていくという事が知られています。そのため中高年になったら意識して乳酸菌を摂取するのが望ましいと言えます。

乳酸菌を多く含む食品としては、主に漬け物などが挙げられます。ぬか漬けやキャベツの塩漬けなどに多くの乳酸菌が含まれ、腸内環境を良くするのに役立ちます。
またこれらの漬け物には生きたままの状態の消化酵素が含まれます。そのため消化酵素の摂取もする事になり、栄養分の消化吸収をよりスムーズに行う事ができるようになります。

この他にヨーグルトが乳酸菌を多く含むと言われており、健康のためにヨーグルト食べている人も多く見られます。実際ヨーグルトにはビフィズス菌など多くの乳酸菌が含まれていますが、同時に乳糖という物質も多く含まれています。
日本人の場合は、乳糖を分解する酵素はあまり多くありません。そのためヨーグルトをあまり多く食べ過ぎると、乳糖が十分に消化吸収されず下痢になってしまう事もあります。
そのためヨーグルトは毎日ではなく少し頻度を落として食べるのがちょうど良いでしょう。

おわりに

腸は栄養分を吸収する働きをする消化器官であるため、腸の健康具合が身体全体の健康に大きく影響します。
中高年になってから慌てて健康対策をするよりも、若いうちから腸の健康に気を配っておく事が大切です。そうすることで、高齢になってからも健康な身体を維持する事が可能になることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする