腸内環境を整えて美肌をゲット!美腸と美肌の関係

imasia_11611098_M

しっかり洗顔しているつもりでも、肌がベタついたりニキビができてしまったり…これらは肌の内側にダメージを受けているのかもしれません。この場合、改善するには表面のケアよりも腸内環境を整えることが美肌への近道になります。
美腸作りのための第一歩は乳酸菌をしっかり摂ることです。ここでは、乳酸菌と美腸・美肌作りの関係をご紹介します。

腸内環境とお肌の関係

腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌という3種類の菌が存在しています。
善玉菌は腸内環境を整えて代謝を上げる働きをし、悪玉菌は食べ物の残りカスを腸内で腐敗させ、健康障害を起こす毒素を排出します。そして、日和見菌は善玉菌と悪玉菌の数が多い方に味方して働く菌です。
ただし、悪玉菌を完全に排除すれば腸がきれいになるということではありません。善玉菌と悪玉菌は共生して腸まで送られてきた食べ物を分解しています。悪玉菌が出した毒素も正常に便として排出されれば問題ないのです。

腸内環境が整っている状態とは、食べ物を活発に消化・吸収できるように腸内の善玉菌優勢で悪玉菌とのバランスが取れている状態のことをいいます。
逆に腸内に悪玉菌が増えてしまうと、ビタミンやミネラルを吸収しにくくなるため栄養バランスが偏ってしまいます。 そうなると便を送り出す腸のぜんどう活動も低下して便秘気味になり、代謝が落ちてしまいます。
また、溜まった毒素が血液中に流れ込むため、皮膚から毒素を排出しようとして肌荒れの原因になってしまうのです。

腸内環境を整える方法

腸内環境を整えるには腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を必要以上に増やさないことがポイントです。
善玉菌を増やすためには、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖を積極的に摂るようにします。乳酸菌は腸内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑える働きをします。

さらに腸内の水分を調整する役割も担っており、乳酸菌がしっかり摂取できていると便も適度な水分量があって排出されやすくなります。また、食物繊維は腸内に吸収されずに排出されるため、便の量を増やして腸の動きを活性化させます。

乳酸菌は食物から摂取しても腸に届くまでに、ほとんどが死んでしまいます。わずかに腸内に残った乳酸菌を増やすためには、エサとなるオリゴ糖を併せて摂取することが大切です。

乳酸菌は薬ではないため、食べてすぐに効果を実感できるものではありません。食べ続けることで腸内環境を整え、毒素を溜めない体質作をすることで肌を内側からきれいにしていくのです。食物繊維とオリゴ糖は乳酸菌が最大限の効果を発揮できるようにサポートする役割を果たしています。

朝食

乳酸菌の種類と摂取量

毎日摂取した方が良いと言われている乳酸菌は、ビフィズス菌の他にブルガリア菌、LG21など約400種類が確認されています。それぞれ違った役割があり、整腸作用があるものや花粉症などのアレルギー症状を抑える働きをするものがあります。

美肌に効果のある乳酸菌が含まれる食品はヨーグルトなどの乳製品や味噌、納豆などの発酵食品が豊富です。また、韓国のキムチやマッコリも美肌効果が期待できる乳酸菌が豊富な食品の代表です。

乳酸菌の効果を実感するためには、毎日200g〜300gを摂取するのが理想的だと言われています。乳酸菌などの善玉菌は悪玉菌に比べて一つ一つの力が弱いため、悪玉菌よりも多く摂取する必要があるのです。

毎日の食事で摂取することが難しいと感じる人は、サプリメントを上手に活用するといいでしょう。

時間

おわりに

乳酸菌が美肌に効果的な理由は、内側から毒素を排出することが肌にとって重要であるからです。腸内環境が整っていないと、高級な化粧品で表面のケアをしても美肌に結びつくことはありません。美腸を目指すことが、美肌作りのための近道であるといえるでしょう。

この記事を書いた人

山田さん

@ランキング編集部 みみちゃん
ラーメン好きな20代主婦。
写真撮影と音楽鑑賞が趣味。
猫と戯れるのが最大の癒やし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする